さゆり幼稚園
1000日の教育〜まず一番大切なとき〜

 我が子がこの世に生を受け、母親の腕の中で健やかに眠り父親、家族の愛情一杯のまなざしに包まれながら成長していく。
至極当たり前のことですが私達の本当に理想とする教育がそこにあります。
生まれてからの1000日間の、親と子どもとの係わり合いが、その子の人生の歩みを決めてしまうのです。
園長先生
 ものに触れ合う感性、食べ物に感じる価値観、そして豊かな想像力その全ての源になるのです。また親御様におかれましても何にも変えられぬ無償の愛を深く感じることができることと思います。親と子どもで作り上げる1000日の教育、ご家族にとって1度きりの大切な時間なのです。
 さゆり幼稚園では、3歳児から園への受入れをさせていただいています。それは、どんなに優れた保育者に与えていただける時間より、愛情に包まれたご家族の中で育まれることが最も重要であるという私達の教育の理念からなのです。その過程において私たちがお役立ち出来ますことは、微力ながら精一杯のお手伝いをさせていただきます。
1000日の教育…それは、「かけがえのないとき」
1000日の教育とその課題さゆりだより(2009年11月10日発行)に園長のテーマに対しての所感の一部分を載せております。
子育ての場を提供します。
子育ての学習の場
親子登園
子育てを楽しみ、親子で触れ合う幸せ体験のために毎月、母と子、時には父や祖父母と共に登園する日を設けています。
園庭や室内開放、園児との交流あそび、音楽リズムあそび、絵本の読み聞かせや、パネルシアターなどが楽しめます。またお母さん同士の語らい、園長への子育て相談を気軽にご活用ください。
親子コンサート、観劇
声楽家やピアニストによる「親と子」が共に楽しめる質の高いコンサートがあります。また、人形劇などの観劇があります。
・毎週(火、水、木)午前11時頃から午後4時頃まで、園庭解放を行っています。
・親子登園に参加された方には、子育ての情報を提供します。
(子育てのパンフレットやPTA新聞、さゆりだより…など)
・家庭教育学級コアラの会へ、ご希望のお母様はお子様が入園されていなくても参加することができます。
(写真をクリックすると拡大表示されます。)
親子登園の様子親子登園の様子親子コンサート