音楽リズム遊び
運動の指導、及び、野外の活動
初夏 いつも通る小道は花ざかり 幼児期に適切な運動は、身体と共に知能の発育を促し、自信を育てます。
 運動機能発達測定を行い、各人に見合った指導をいたします。
 水泳の指導は夏期に行われ、園のプールに親しみ、ときに大井川に遊び、水に慣れて在園中に泳げるようになります。
 野外活動の機会を多く持ち、自然への驚きや畏れ、探究心などが芽生え、体力を増強します。
はらっぱ川木に乗ってる2人組
(写真をクリックすると拡大表示されます)
音楽活動と表現活動
これは“オカピー”。新しい表現を試みる子 幼児期は音楽性が身に付く最適期です。心を育てるたくさんの歌を歌い、楽器指導身体表現を行います。園内発表、公演などを通して表現の喜びを経験すると共に、規律ある態度が身に付きます。
 絵画・造形活動を通して、創造する喜びと意欲を高め、『小さな森の美術館』が開催されます。
絵画・造形活動合唱作品展示
(写真をクリックすると拡大表示されます)
知的発達活動
野外活動で見つけた蝉の脱け殻

自然から本物の知恵を学ぶ

 昆虫で有名なファーブルは、7歳の子どもポールに語りかけます。
「ポール坊よ、お前とできるだけ野でマンネコウやモモのあいだで勉強するとしよう。それによって僕たちは、強い体力と精神とを得ることができ、くだらない書物の中などに見出すことのできないような、美と真とをそこに見出すことができるだろう。」

 発達教材を研究しつつ、幼児の遊びの経験の中で興味や関心を高め、知的発達を促し、学習意欲や集中力を身に付けるようにします。
野外活動で見つけたアワフキムシメンタルワークメンタルワーク知的教材
(写真をクリックすると拡大表示されます)